スポンサーリンク
スポンサーリンク

エアロフォンは充電池6本で駆動する

無料体験レッスンを待っている間に、ヘッドフォン以外で準備したもの。
エアロフォンは。AC電源でも動作しますが、ニッケル水素単3電池6本でも動作します。
リモコンや時計など、電池駆動の製品は全てエネループにしている我が家。

単3・単4共に少し予備の電池はありますが、流石に2,3本。
エアロフォンの練習中に電池が切れて充電待ち、なんてことは避けたいので最低2セットの12本は欲しいところ。
そういう訳で、ニッケル水素充電池と充電器をネットで物色しました。

 

 

スポンサーリンク

エアロフォン用に充電池を買おう

まずは、ニッケル充電池。12本は買いたい。
信頼性でいうと、エネループ一択なのですが、エアロフォンのために他にも必要なものがあるために、出費は抑えたい。
いろいろ調べていると、カメラの予備バッテリーでお世話になっている、韓国メーカーのROWAが、ニッケル水素単3電池を低価格で発売していたので、これに決定。
4本毎のプラスチックケースも付いてきて、リーズナブルです。

 

スポンサーリンク

エアロフォン用に充電器を買おう

ニッケル水素充電池が決まったら、次は充電器。
放電もでき、16本一気に充電できるTGXが出しているTGX16に決めました。
決め手は、各電池の充電状態を気にせず、ペアなども気にせずに、充電できるところ。
そして、電池を痛めてしまう急速充電ではなく、電池をいたわる充電スピードであること。
また、LCDディスプレイが付いていて、1本1本の充電状態がわかるところ。

 

 

余談;単三電池を単一電池として使用するスペーサーも買ったよ

余談ですが、家のガスコンロの着火に使う単一電池が切れたので、単三電池を単一電池として機能させるスペーサーも購入しました。余った充電池を活用できる、ナイスタイミング。

スポンサーリンク
目指せ、サックス上達!!

忙しくて島村楽器などのレッスン教室へ行けない方へ。
自宅でサックスフォンレッスンが受けられます。
もちろん、サックスを学べば、エアロフォンも吹けちゃいます。

おすすめの記事